染め方

利尻ヘアカラートリートメントでかゆいと感じないために行っておくべきこと

髪と頭皮に優しく、たとえ地肌が弱くてもかゆみを感じにくいことで人気を集めている利尻ヘアカラートリートメント

けれども実際に利尻ヘアカラートリートメントを使ってみたら頭皮にかゆみを感じ、その原因を知りたいと考えている方がいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、利尻ヘアカラートリートメントを使ってかゆいと感じる原因から使用後のかゆさを軽減するための対策法まで、すべてひっくるめてお伝えしていきます!

「どうして自分は利尻ヘアカラートリートメントを使うとかゆくなってしまうんだろう。」

そう疑問に思われている方はぜひご覧ください!

 なぜ利尻ヘアカラートリートメントだとかゆいと感じない人が多いの?

まず、なぜ利尻ヘアカラートリートメントだとかゆいと感じない人が多いのか、その理由から見ていきましょう。

利尻ヘアカラートリートメントを使えばかゆみを感じづらくなる理由には、次の3つが考えられます。

髪と地肌を傷める成分がすべて無添加だから

利尻ヘアカラートリートメントの大きな魅力となっているのが、髪と地肌を傷める成分がすべて無添加であること。

髪だけでなく、頭皮にも悪影響を及ぼす

  • ジアミン
  • パラベン
  • 酸化剤
  • シリコーン
  • 鉱物油

これらの危険な成分が、利尻ヘアカラートリートメントには一切含まれていません。

頭皮や地肌が傷付いていることでもかゆさを感じやすくなりますから、このようなものが取り除かれているところもかゆいと感じない理由につながっているのでしょう。

 髪や頭皮に優しい美髪成分をたっぷりと配合しているから

また、利尻ヘアカラートリートメントでは髪や頭皮に優しい美髪成分をたっぷりと配合しています。

その中には傷んだ髪のダメージを補修するトリプルTTP成分や、髪の毛を保護する役割を果たすヒアルロン酸とデンプンポリマーなども含まれています。

このように髪と頭皮の潤いや健康に欠かせない美髪成分が豊富に配合されているからこそ、利尻ヘアカラートリートメントを使うとかゆさが軽減されていることも考えられます。

 地肌のかゆさを抑える「天然利尻昆布」が含まれているから

そして何より、利尻ヘアカラートリートメントを使った後、最小限までかゆさを抑えるように大活躍しているのが「天然利尻昆布」です。

利尻ヘアカラートリートメントの名前の由来にもなっている天然利尻昆布には、髪と頭皮の潤いを保つために必要なミネラル・アルギン酸・フコイダンがすべて含まれています。

頭皮や地肌の乾燥が原因となってかゆいと感じる場合もあるため、そのようなかゆさを抑制するために、天然利尻昆布の成分が役立っているというわけですね!

 利尻ヘアカラートリートメントを使用してかゆいと感じる2つの原因

では、ここまで髪と頭皮のことを考えて作られている利尻ヘアカラートリートメントでかゆいと感じてしまう原因はどこにあるのでしょうか。

おそらく利尻ヘアカラートリートメントを使用してかゆいと感じる原因は、以下の2つが関係しているのだと思います。

 頭皮がダメージを負った状態で利尻ヘアカラーを使用してしまった

まず1つ目の原因として考えられるのが、頭皮がダメージを負った状態で利尻ヘアカラートリートメントを使用してしまったこと。

これまで何度も刺激の強い成分が詰まったヘアカラー剤で白髪を染めていた方は、その分ひどく頭皮が傷付いている可能性があります。

その状態で利尻ヘアカラートリートメントを使用すると、大なり小なりかゆみを感じてもおかしくありません。

もしもこのようなことに思い当たる節がある場合は、できるだけ頭皮のダメージが改善された後で利尻ヘアカラートリートメントを使用するようにしてみてくださいね!

 自分が持っているアレルギーの成分が配合されていた可能性も

利尻ヘアカラートリートメントを使用してかゆいと感じる原因は、アレルギー反応によるものである可能性もあります。

たしかにジアミンなどの危険な成分を配合していない利尻ヘアカラートリートメントですが、それ以外の成分で必ずしもアレルギー症状を起こさないとは限らないからです。

利尻ヘアカラートリートメントの染料や美髪成分はほとんどが植物由来となっているので、何らかの植物アレルギーを持っている方は注意しなければなりません。

 利尻ヘアカラートリートメントでかゆいと感じないための対策法はある?

「利尻ヘアカラーでかゆくなる原因は分かったけど、それを防ぐ方法はないの?」

そう思われた方もきっといることでしょう。

そこでここからは、利尻ヘアカラートリートメントを使ってもかゆいと感じなくするための対策法をいくつかご紹介していきますね!

 シリコンが含まれていないシャンプーを使ってみる

利尻ヘアカラートリートメントを使ってかゆいと感じる時は、シリコンが含まれていないシャンプーに変えてみるのがおすすめ。

なぜならシリコン入りのシャンプーは洗浄力が強く、必要な頭皮の皮脂まで汚れと一緒に洗い流してしまうからです。

するとどうなるかといえば、頭皮の脂とフケが増加し、かえってかゆいと感じる原因へつながってしまいます。

ところがノンシリコンシャンプーだったら髪と頭皮に強い刺激を与えることなく洗浄することができ、結果的に脂とフケの増加を防げるというわけです。

したがって利尻ヘアカラートリートメントを使用する時は、同時にシリコンが含まれていないシャンプーへ切り替えてみてくださいね!

 前もって自分の肌でパッチテストをしておくのも大事なこと

元々地肌が弱く、どの白髪染めを使ってもかゆくなりやすい方は前もって利尻ヘアカラートリートメントを自分の肌に付けてパッチテストをしておくのも大事なこと。

事前に腕など自分の体の一部を使ってパッチテストを行っておけば、利尻ヘアカラートリートメントの使用後にかゆくなるリスクを低減することができ、安心につながりますよ!

 どうしてもかゆい時は皮膚科に行って相談する

どんな手段を使っても利尻ヘアカラートリートメントでかゆみが生じてしまう時は、皮膚科に行って専門の医師へ相談してみましょう。

利尻ヘアカラートリートメントを使ってかゆくなるのをそのまま放置していると、そこから更なる頭皮環境の悪化を招いてしまう危険があるからです。

皮膚の悩みに詳しいベテランの医師からアドバイスをしてもらうことで、今まで分からなかったかゆみの原因を知り、悩みを解決へ向けていくことができるはずですよ。

 まとめ

自分の頭皮環境が悪くなっていたり、利尻ヘアカラートリートメントにアレルギー反応を引き起こす成分が含まれていたりしてもかゆいと感じやすくなります。

しかしそのかゆみの原因は、利尻ヘアカラートリートメント以外のところに隠されていることも考えられます。

そのためどんなことが原因で頭皮のかゆみが生じているのか知っておくのは大事なこと。

少しでも利尻ヘアカラートリートメントを使用した後のかゆみを軽減するために、ここでご紹介した対策法を実践しながらかゆみの原因を自身で見つめ直してみてくださいね。

正しく利尻ヘアカラートリートメントを使って、かゆみを予防してしまいましょう!